琉大化学ってどんなところ?琉球大学 化学科のカリキュラム紹介琉球大学 化学科の研究室紹介

植村 立 理学部本館235号室

植村 立
教員名:植村 立

教員研究室:理学部本館235号室

E-mail:
電話:098-895-8526

ファックス:

研究室HP:http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~ruemura/

略歴:

2005: 東京工業大学大学院 総合理工学研究科 博士学位取得
2005-2008: 国立極地研究所 博士研究員(日本学術振興会特別研究員PD)
2008-2010: LSCE, CEA-CNRS (フランス気候・環境科学研究所) 博士研究員 (日本学術振興会海外特別研究員)
2010-2013: 琉球大学理学部海洋自然科学科化学系 助教
2013 – , 琉球大学 理学部 海洋自然科学科 准教授

研究内容:

安定同位体比をツールとして、「過去の気候変動の解析」や「現在の物質循環」に関する研究を行っています。

1)安定同位体を用いた過去の気候変動の復元
・鍾乳洞中の石筍を用いた気候変動の復元
・南極氷床コアの水同位体比に基づく過去70万年の気温変動の復元
2)同位体比が変動するメカニズムの研究
・海洋から水蒸気が蒸発する際の同位体比変動の観測
・降水の同位体比観測
3)同位体比測定手法の開発
・水の同位体比(2H/1H, 18O/16O, 17O/16O)測定方法の改良

学生へのメッセージ:

天然の試料の同位体比を室内で測定することで地球環境の変動史を研究しています。卒業研究テーマは皆さん興味を重視して決めます。疑問・質問があればいつでも聞きに来てください。

主要な発表論文:

最新データは→ 琉球大学研究者データベース

鍾乳石、沖縄関連

  • Uemura, R., M. Nakamoto, R. Asami, S. Mishima, M. Gibo, K. Masaka, C. Jin-Ping, C.-C. Wu, Y.-W. Chang, C.-C. Shen, Precise oxygen and hydrogen isotopic determination of speleothem inclusion water in nanoliter quantities using cavity ring-down spectroscopic techniques, Geochimica et Cosmochimica Acta , 172:159-176 (2016)  open access
  • Uemura, R., N. Yonezawa, K. Yoshimura, R. Asami, H. Kadena, K. Yamada, N. Yoshida, Factors controlling isotopic composition of precipitation on Okinawa Island, Japan: Implications for paleoclimate reconstruction in the East Asian Monsoon region, Journal of Hydrology, 475:314–322 (2012)
南極、アイスコア、気候変動
  • Uemura, R., K. Masaka, K. Fukui, Y. Iizuka, M. Hirabayashi and H. Motoyama, Sulfur isotopic composition of surface snow along a latitudinal transect in East Antarctica, Geophysical Research Letters, 43:5878-5885 (2016) open access
  • Uemura, R., V. Masson-Delmotte, J. Jouzel, A. Landais, H. Motoyama, B. Stenni, Ranges of moisture-source temperature estimated from Antarctic ice cores stable isotope records over glacial–interglacial cycles, Climate of the Past, 8:1109-1125 (2012) open access
  • Iizuka, Y., R. Uemura, H. Motoyama, T. Suzuki, T. Miyake, M. Hirabayashi, and T. Hondoh, Sulphate-climate coupling over the past 300,000 years in inland Antarctica, Nature, 490:81-84 (2012)
  • Kawamura, K., F. Parrenin, L. Lisiecki, R. Uemura, F. Vimeux, J. P. Severinghaus, M. A. Hutterli, T. Nakazawa, S. Aoki, J. Jouzel, M. E. Raymo, K. Matsumoto, H. Nakata, H. Motoyama, S. Fujita, K. Goto-Azuma, Y. Fujii and O. Watanabe, Northern Hemisphere forcing of climatic cycles in Antarctica over the past 360,000 years, Nature, 448, 7156, 912-916, doi:10.1038/nature06015, (2007)
同位体メカニズム、水蒸気
  • Uemura, R., E. Barkan, O. Abe, B. Luz, Triple isotope composition of oxygen in atmospheric water vapor, Geophysical Research Letters, 37, L04402, doi:10.1029/2009GL041960, (2010) open access
  • Uemura, R., Y. Matsui, K. Yoshimura, H. Motoyama, and N. Yoshida,Evidence of Deuterium excess in Water Vapor as an Indicator of Ocean Surface Conditions,  Journal of Geophysical Research, Atmospheres, doi:10.1029/2008JD010209, (2008) open access
日本語の総説
1. 水の安定同位体比による古気温推定の研究―極域氷床コアからの数千年スケールの気候変動の復元―, 植村 立, 第四紀研究 (総説) 46(2), 147-164, doi:10.4116/jaqua.46.147, (2007) link

化学系説明会やってます!
小中高等学校の理科(化学)ご担当の先生方へ 琉球大学 化学科の入試情報 学生の声 琉大化学の先輩からアドバイス! 琉球大学 化学科へのアクセス情報 琉球大学化学同窓会 琉大化学のパンフレットをダウンロード 化学実験の安全ガイドラインをダウンロード