琉大化学ってどんなところ?琉球大学 化学科のカリキュラム紹介琉球大学 化学科の研究室紹介

堀内 敬三 共通教育棟1ー212室

教員名:堀内 敬三

教員研究室:共通教育棟1ー212室

Email:
電話:

ファックス:

研究室HP:http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~horiuchi/

略歴:

  • 1986:名古屋大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学
  • 1988:理学博士(名古屋大学)
  • 1986-1996:琉球大学教養部助手、講師
  • 1996-現在:琉球大学理学部助教授、教授
研究内容:
  1. A2MX4(A’MX4)型結晶、A2MX6(A’MX6)型結晶等の構造・相転移・分子運動
  2. 直鎖イオン・ピリジニウムイオン等が関与する秩序-無秩序相転移と分子運動、特に融解現象、コンフォメーションの乱れ
  3. 常磁性錯体、特に水素結合を持つ系の弱い交換相互作用とスピンダイナミクス
4年次までに履修しておいてほしい授業科目:物理化学系の講義(「物理化学Ⅲ・Ⅳ」および「化学統計熱力学」)、錯体化学

学生へのメッセージ:

主な発表論文:
  1. K. Horiuchi, S. Uezato, Y. Yogi, A. Abe, T. Fukami, R. Takeishi, and R. Ikeda,
    Structural Phase Transition and Molecular Motions in [(CH3)3CNH3]2[ZnCl4] Studied by 1H NMR, differential scanning calorimetry, and x-ray diffraction Phys. Rev. B 72, 174114 (2005).
  2. K. Horiuchi, T. Asaji, and R. Ikeda,
    NQR and NMR Studies on the Elctron-Spin Correlation Time in Paramagnetic Insulators,
    Phys. Rev. B 50, 6169 – 6173 (1994).
  3. K. Horiuchi, R. Ikeda, and D. Nakamura,
    Phase Transition and Anionic Motion in Solid [(CH3)2NH2]2SnCl6 as Studied by the Temperature Dependence of 35Cl NQR Frequencies and Chlorine Nuclear Relaxation Times Determined with a Pulsed NQR Spectrometer,
    Ber. Bunsenges. Phys. Chem., 91, 1351 – 1359 (1987)

化学系説明会やってます!
小中高等学校の理科(化学)ご担当の先生方へ 琉球大学 化学科の入試情報 学生の声 琉大化学の先輩からアドバイス! 琉球大学 化学科へのアクセス情報 琉球大学化学同窓会 琉大化学のパンフレットをダウンロード 化学実験の安全ガイドラインをダウンロード