琉大化学ってどんなところ?琉球大学 化学科のカリキュラム紹介琉球大学 化学科の研究室紹介

講演会のお知らせ(徳島大・古部 昭広 先生)

下記の通り講演会を開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております!

日時:2019年12月6日(金)16:30〜17:30
場所:琉球大学 理系複合棟202教室
講演者:徳島大学大学院 社会産業理工学研究部
     教授 古部 昭広 先生
演題:「ナノ構造体におけるプラズモン誘起電子移動ダイナミクス」
 金ナノ粒子などの貴金属ナノ粒子は、可視光に対して非常に強い局在プラズモン共鳴吸収を有し、さらにそのフェムト秒領域の緩和過程でホットエレクトロンを生成することが分かってきた。このエネルギーキャリアの寿命も非常に短く、酸化や還元反応に利用することは一般には困難であるが、金属ナノ粒子が適当な伝導帯位置をもつ半導体に接触しているときは、フェムト秒スケールで電子移動反応が進み、金属−半導体界面において電荷分離状態を形成することができ、光電変換デバイス、光触媒材料、高感度センサーなどへの応用が期待できる。
 これまで発表者は数10nmサイズの金ナノ粒子がプラズモン励起条件下で、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化スズ半導体へ電子が移動することを報告し、そのメカニズムの検討を行ってきた。最近は、配列金ナノ粒子−酸化チタン薄膜−金薄膜からなる制御したナノ構造で局在プラズモンと伝搬型プラズモンが酸化チタンをはさんで相互作用している状態を形成させ、可視光域全体を吸収する広帯域プラズモン吸収体を作製し、光誘起電荷分離過程が起こることを明らかにした。これら新たなナノ構造電子移動システムでの反応ダイナミクスやデバイス応用への可能性を議論する。

化学系説明会やってます!
小中高等学校の理科(化学)ご担当の先生方へ 琉球大学 化学科の入試情報 学生の声 琉大化学の先輩からアドバイス! 琉球大学 化学科へのアクセス情報 琉球大学化学同窓会 琉大化学のパンフレットをダウンロード 化学実験の安全ガイドラインをダウンロード