琉大化学系なら幅広く学べます

教育プログラム(教育目的、教育課程の特色、教育指導体制)

 理学部の教育目的は、普遍的な基礎科学の重要性を念頭に置き、優れた人材の育成を目指し、さらに、亜熱帯島嶼の特性を生かした特色ある教育を推進することです。このことに鑑み、化学系では多様な物質の反応・構造・機能を分子科学的に理解する基礎的化学に加えて、新規物質の創成や亜熱帯・島嶼・海洋の地域特性を生かした天然物・環境分野の化学教育を行い、化学的素養を基礎に幅広い分野で活躍できる人材を育成することを目的としています。

 そこで、化学的素養を基礎に幅広い分野で活躍できる人材を育成するために、1年次から2年次にかけては、共通教育科目を中心に履修することになります。共通教育科目を履修することにより、一般教養ならびに語学力を身につけ、人間としての視野を広げると共に専門分野を学ぶための基礎力を養います。
教育プログラムフローチャート
 入学直後の1年次では、「基礎ゼミ」を必修として履修します。ここでは、新入生が大学生活に慣れるために附属施設あるいは化学関連の施設の見学を行ったり、化学分野の広さと魅力、化学が社会にどのように貢献しているかなどを勉強します。また、専門の講義を理解するための基礎固めとなる専門基礎教育科目である先修科目の講義も同時に履修します。

 2年次から化学のあらゆる分野の基礎となる物理化学、有機化学、分析化学、無機化学の専門必修科目の履修がスタートします。具体的には、2年次前後期で、無機化学、有機化学、物理化学、分析化学分野の必修の講義を、2年次後期から3年次前期で前述4分野の必修の化学実験を履修します。これらの講義および実験実習では、無機化合物、有機化合物、高分子化合物、生体物質など、自然界にあまねく存在する物質の構造と性質、反応性ならびに合成について学びます。これにより、得られた知識と技術に裏打ちされた自然観、科学観を身につけるだけでなく、環境やエネルギー問題に柔軟に対応できる基礎知識の修得をめざします。これらの専門教育科目と平行して2年次までは共通教育科目を履修し、教養をさらに高めることができるようになっています。

 2年次後期からは物理化学、有機化学、分析化学、無機化学を基礎とした様々な専門選択科目および沖縄の特色を生かした専門選択科目の講義を履修していくことになります。3年次終了時に必修科目の専門科目と化学実験のすべてと規定単位の選択科目を履修した者は、4年次に進み、18研究室のいずれかに配属され、卒業研究を行います。卒業研究の目的は、最先端の研究を通じてその分野の専門知識を体得し、研究論文の読解力や説明能力の習得および研究成果の発表能力を育むことにあります。これらを通じ、自然科学の原理、現象に対する理解力、洞察力、問題設定と問題解決能力の習得を目指します。本化学系では幅広い分野の研究室が開設されており、自分が興味ある分野(研究室)においてマンツーマンで研究指導を受けることができます。4年次を終了すると、さらに研究能力を高めるため、卒業生のうちの約3割の学生が大学院に進学します。

海洋自然科学科化学系 履修プログラム


クリックでPDFがダウンロードされます。
琉球大学 化学科へのアクセス情報 琉大化学への寄付について
琉大化学公式SNS
琉大化学TWITTER琉大化学INSTAGRAM