琉大化学ってどんなところ?琉球大学 化学科のカリキュラム紹介琉球大学 化学科の研究室紹介

琉大化学の先輩からのアドバイス

 高校生の頃の私は、化学と数学が得意科目でした。特に化学は学べば学ぶほど身の周りのものの多くが「化学」を通して成り立っていることを知り、とても興味を抱いていました。化学物質の性質、反応の過程、結晶の色など「なぜだろう?」、もっと詳しく知りたいという探究心を抱き、化学系への入学を決心しました。
 大学では、沖縄や本土からの入学者に加え外国からの留学生も多く、考え方も多様で刺激を受けました。またバイトやサークル活動でも多くの人と出会い、多くを学びました。専門の化学は高校の化学とは違い、より細かく基礎に触れ、より深い部分を学び、実験では触れたことがない器具を使用したり、大がかりな実験装置で測定したりと充実しています。
 ある先生が授業中に「化学は覚えるものではない。暗記の勉強をするのは『暗学部』の仕事だ!化学は理屈、理由から導く学問であるから『理学部』の中にあるんだ!」とみんなにおっしゃっていました。この言葉に私は感動しました。化学に対して「なぜだろう?」という純粋な探究心を忘れずに、これからも学び、充実したキャンパスライフを送っていこうと思います。

 みなさんも私達と一緒に「理学の化学」を楽しんでみませんか?
 大学は高校までと違い、自ら考え、学び、進路を自由に決めることが出来る場所です。言い換えれば、誰かが用意してくれた道を進むのではなく、自ら道を切り開いていかなければならない、ということです。自分の人生は自分だけのもの。多くの選択肢から、自分に最適だと思う道を見つけなければなりません。
 そのために、興味関心を持ったものにはどんどん挑戦して下さい。経験は必ず自分の道を作り上げていくものになります。失敗を恐れず、突き進んだ結果は…きっと素敵な未来が待っていると思いますよ。
 自分の道を見つけるために、私は琉球大学理学部海洋自然科学科化学系に進学しました。
 海洋自然科学科という名前から、海のことしか学ばないのか、といった印象を受ける方も多いと思います。しかし、化学系は化学の基礎からしっかり学ぶことができます。そして、興味があるなら海に関することも学べるという環境が整っています。
 私が北海道から沖縄県の琉大に進学したきっかけは、化学に興味があったのはもちろんのこと、沖縄の風土に触れたかったからです。沖縄の暖かな気候や人柄に触れると、県外出身の方も沖縄が大好きになると思いますよ。
 海洋自然科学科は特に全国各地から人が集まります。化学に興味があって、全国各地の友達を作りたいあなた!海自の化学系に来てみませんか?
化学系説明会やってます!
小中高等学校の理科(化学)ご担当の先生方へ 琉球大学 化学科の入試情報 学生の声 琉大化学の先輩からアドバイス! 琉球大学 化学科へのアクセス情報 琉球大学化学同窓会 琉大化学のパンフレットをダウンロード 化学実験の安全ガイドラインをダウンロード