琉大化学ってどんなところ?琉球大学 化学科のカリキュラム紹介琉球大学 化学科の研究室紹介

琉大化学の先輩からのアドバイス

 僕は中学の頃から教師に憧れていたので、高校でも大学に進学して教員免許を取ることを目標にしていました。しかし、中学の教免と高校の教免のどちらを取得するのかという具体的な方針が定まっていなかったため、大学受験の願書を提出する時は締め切りの直前まで本当に悩みました。それは、教育学部に入って学級運営を中心とした教育理論を学ぶか、はたまた理学部に入って理科に関する専門的な知識を学ぶかという大きな選択だったからです。そして悩み抜いた結果、僕は中学と高校のどちらの免許も取得できる理学部を選びました。学校のことは現場に入ってからでも少しずつ学べますが、専門的な知識は今のうちにしっかりと身に付けることが大切だと思ったからです。
 この大学4年間を振り返ると、その時の決断はきっと正しかったと思います。様々な人や知識との出会いによって視野が広がり、実習や研究を通して自分自身が大きく成長できたという実感を得ることができました。
 卒業後は、高校の教員として化学を教えることが決まっています。大学で学んだ知識や経験を活かして、化学の重要性や面白さを伝えていきたいと思います。
 ここまで僕の話ばかりでしたが、勿論、理学部海洋自然科学科は教師になりたい人だけが入る所ではありません。化学に興味を持ち、身の回りの現象や物質を化学的な視点から学びたいという人なら誰でも楽しい専攻なはずです。

 大学の化学は高校までの化学とは違い、難しくも理解すると面白い学問です。是非ともここで「本当の化学」に出会ってみませんか?

 琉球大学理学部海洋自然科学科化学系という名前をきいて最初に何をイメージしましたか?おそらく「海洋自然」と言うことから海をメインに扱っているというイメージが強いと思いますが、実際はそうではなく有機化学・分析化学・無機化学・物理化学といった様々な分野にわかれていて、すべての研究室が海に関連した研究を行っているわけではありません。
 大学では化学だけを勉強するというわけではなく、1年生のときは英語やドイツ語といった言語系や体育・沖縄の伝統芸能といった様々な授業(共通科目)を行います。共通科目では他の学部が混ざって行うので友達の輪を広げることもできとてもにぎやかです。
 2〜3年生になると化学の専門授業が少しずつ増えてきます。そのなかでも化学実験の授業では、専門の授業などで習ったことを実験で実際に行うので得た知識がつながって行くことが実感できると思います。
 4年生になるとそれぞれ希望を出した研究室に配属されて卒業研究を始めます。自分は有機化学を学び天然物化学の研究を行っています。植物の採取をおこない、植物から成分を抽出したあと機器分析でさらに詳しく調べて行くといった感じです。研究室では授業よりもさらに専門的な勉強を行うので、今まで考えていなかったことに対してもちゃんとした理由が見えるようになってきたりするので忙しくて大変ですが充実した毎日を送っています。
 大学は上にかいたような勉強ばかりの生活だけではありません。大学の授業が終われば目一杯遊びます(笑)。気の合う友達と北部まで遊びに行ったり、ハンバーガーを100個買って7〜8人で食べるといったこともしました(笑)また、琉球大学はサークル活動が活発でサッカーや野球といったもののほかに、琉球芸能やアメフト・ダイビングといった多種多様なサークルがあるのでサークル活動もおすすめです。もちろんバイトにはげみ友人と旅行に行ったりしている人いたりとみんなそれぞれ充実した生活を送っています。化学系は県外出身の人が多いので県内出身の自分にとっては、様々な考え方に触れることができるのでいい刺激をうけています。

 大学での4年間は本当にあっという間にすぎてしまい、楽しい毎日を過ごしました。高校生に皆さんも琉球大学でかけがえのない4年間を過ごし、楽しい大学生活を送ってください。
化学系説明会やってます!
小中高等学校の理科(化学)ご担当の先生方へ 琉球大学 化学科の入試情報 学生の声 琉大化学の先輩からアドバイス! 琉球大学 化学科へのアクセス情報 琉球大学化学同窓会 琉大化学のパンフレットをダウンロード 化学実験の安全ガイドラインをダウンロード