琉大化学の先輩からのアドバイス

比嘉 大輝(MASAKI HIGA)

比嘉 大輝
略歴:
2015年 琉球大学理学部海洋自然科学科 卒業
2017年 筑波大学大学院エネルギー工学専攻(修士) 修了
2017年 三菱ケミカル株式会社 入社

なぜ琉大化学系を選んだのですか?

 高校のときの実験で化学反応のビジュアル的な分かりやすさや物質の色の綺麗さに惹かれ、もっと化学を勉強したいと考えるようになりました。そのため、化学が勉強できる大学に行きたいと思っていたところ、地元ということもあり琉大が選択肢に入るようになりました。自然が多い環境で学べるところにも魅力を感じ、最終的に琉大化学系を選ぶことにしました。

就職活動と現在のお仕事について教えてください。

 化学系の会社はもちろん大学・大学院とエネルギー関係の研究をしていたこともあり、エネルギー分野も見ていました。その中で現在の就職先である三菱ケミカルという会社が日本最大の総合化学メーカーになっていたため、仕事の幅が広く、自分の強みを活かせるのではないかと思い、就職しました。現在は生産技術分野で炭素繊維に関する仕事をしています。

高校生と琉大生へのメッセージ

 琉球大学は広大なフィールドを持つ自然豊かなキャンパスです。学びの領域としてもここにしかないような個性的な研究も多く、特にサンゴなどの海洋系に興味がある人にはとてもお勧めの大学だと思います。琉大生の方々には今しかできないような経験をとにかく積んでほしいと思います。必ずしも勉強や研究だけでなく、何かに熱中するという経験が今後役に立つと思うので、大学4年間で是非熱中できるものを探してほしいと思います。

在学中に心に残っていることはありますか?

 在学中はカラオケしたり、麻雀したり、深夜までゲームをしたりとたくさん遊んだことを覚えています。もちろん学生らしく勉強会なども定期的に実施し、みんなで試験対策の勉強もしていました。深夜まで10人くらいで勉強するという経験は大学生ならではだったと思います。私の年は、卒論発表はポスターセッションだったのですが、4年間の集大成を直接聞けて面白かったです。

在学中の経験が就職して役に立ったことはありますか?

 化学系の会社に就職したため、在学中に学んだことは直接的な知識としても非常に役に立っています。それだけではなく、予想していなかった実験結果からどういった現象が起こっているのだろうと想像する力や、そこで組み立てた推論を証明するためにどういった実験方法すれば良いかを考えていく力、現物の観察を大事にする考え方など、研究室時代で育まれた論理的な考え方や根気強さは今でも確実に活かされていると考えています。
琉球大学 化学科へのアクセス情報 琉大化学への寄付について
琉大化学公式SNS
琉大化学TWITTER琉大化学INSTAGRAM